9/30 大日本プロレス 「Death Market11」 愛知・クラブダイアモンドホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 セミファイナル メインイベント



興行開始前に、登坂本部長があいさつ。

登坂「本日は台風の中、ご来場ありがとうございます。
本来は選手があいさつすべきですが、どうしても皆様に
感謝の言葉を述べたくて、日曜のお父さんのような
格好で申し訳ありませんが、ここに立たせていただきます。

もしも、今日来られなかった方がいらっしゃいましたら、
お席は選べませんが、次回名古屋大会にチケットを
お持ち下されば差し換えさせていただきます。

大日本プロレスは地方興行の充実を推し進めています。
来年は6回のダイアモンドホール大会に加え、8月の
名古屋国際会議場での大会を開催し、デスマッチヘビーの
タイトルマッチを行おうと考えています。

ダイアモンドホールさんは、我々がひどいことを
やっても許していただける、心の広い、素晴らしい
会場だと常々思っています。

ですが、私たちがより大きな団体としてステップアップ
するため、8月の開催を決定いたしました。

首の検査のためお休みを頂いている、李日韓や
ケガで欠場中の大谷も含め、みなで邁進します。
本日は最後までのご観戦、よろしくお願いします」

これは親切な対応。自分が以前チケットを購入した際、
手違いで希望のものとは異なる券を受け取ったことが
あったが、その時もていねいな対応で交換してもらった。

小さなことだが、こういった姿勢を見せてくれるだけでも
応援したくなる。


1:谷口裕一 vs 大橋篤


谷口腕を突き上げる。
大橋つかむとヒネって腕固め。


腕の取り合い、谷口ヒゲをつかむ。
スティンクフェイス、ネックブリーカー、耳をつかむ。


ラクダ固め、ボディプレス、オールドスクール。


大橋、デッドリードライブ、ドロップキック。


大橋、スイングDDT2発、ダイビングヘッドバット。
谷口よける。


谷口対角線ハンマースロー。
大橋切り返しバックエルボー、追撃狙う。
谷口キック。


大橋なおも走り込む。
谷口かわしスクールボーイ、カウント3。

第2試合へ