6/17 スポルティーバ 「ピザプロレススペシャル」 Sportiva Arena

第1試合 第2試合 メインイベント



名古屋・新栄のイタリアンレストラン「タベルナ・バボ」と
スポルティーバのコラボ興行。ピザやパスタなどを食べつつ
観戦ができる。前説はバボ・ブラザーズ。

ヒデティーニ「みなさん、ボンジョールノ!
恥ずかしがらないで。恥ずかしいのは…僕たちでーす」


リングアナは、フェ・ラ・アーリーIkue。
レフェリーはパラディーゾ戸川。

いきなりツッコミどころが多い。


1:ケンティーニ・バボ vs パスタマコト vs プロシュット・ディ・テバサ


パスタマコト。イタリアンマフィアらしいが、よく見ると
ニッカポッカのようなズボン。
マフィアというよりもヤンキー。


そしてプロシュット・ディ・テバサとケンティーニ。
場内実況の斉藤スポルティーバ代表いわく、
「これが自己プロデュースのなれの果てですよ」

パスタとプロシュット、ケンティーニを無視して
ロックアップ、ヘッドロック、ショルダーブロック合戦。


ケンティーニ、ショルダーブロック合戦に巻き込まれ
リング下へ落ちる。
戻ろうとしても、ロープへ飛んだパスタに弾かれる。


ケンティーニ、再びエプロンに上るが、またも
落とされたので、パスタを食べつつ試合を見守る。
ケンティーニ「がんばってー!」


パスタ、スパインバスター、バックハンドチョップ、
串刺しラリアット、ブレーンバスター。


プロシュット、ラリアット、ラ・マヒストラル。
カウント2、ケンティーニリングへ戻る。


プロシュットレインメーカー。
パスタがかわすと、ケンティーニにヒット。


パスタ、ランニングスレッジハンマー、左右の張り手。
ロープへ走る、プロシュット、ソバット、ジョン・ウー。


ケンティーニ、プロシュットとテバサにパンチ、
まとめてのクローズライン。


まとめてカバー、カウント3が入って決着。。

第2試合へ