4/27 チームでら 「第2回でら運動会プロレス」 Sportiva Arena



昨年10月に開催された、運動会企画興行の第2弾。
チーム分けは以下の通り。

【紅組】
高井憲吾、入江茂弘、蓮香誠、テバサキッド、
小仲=ペールワン、影山道雄、杉浦透
【白組】
彰人、ヒデ久保田、ヤス久保田、マンモス半田、
佐藤泰、タケシマケンヂ、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス


▼開会式


勝利トロフィー返還後、タケシマによる選手宣誓。
タケシマ「宣誓、我々選手一同、スポーツマン
ヒップにモッコリ…」


タケシマ「以上!」
彰人は笑いのツボにモロに入ったのか悶絶。


国歌斉唱中も笑いが止まらず。
入江らもずっとクスクス笑う。
白組は連覇を祈願し、円陣を組む。


▼旗取り競争


いわゆるビーチフラッグ。
寝そべり状態から、合図とともに走り、リング上の
旗を取ったものが勝利。三本勝負。


一本目は、杉浦とタケシマ。
杉浦が獲得し、先取。


二本目はペールワンとノリ。
ペールワンは上る際に、ヒザをリングに
ぶつけたのか落下。ノリが旗を取る。


三本目は蓮香と彰人。
蓮香はサードロープの下を滑り、彰人は上を飛び越える。
その衝撃からか、旗は横へ飛ぶ。


すかさず彰人がその旗を取り、白組の勝利。


▼玉入れ


観客も参加する競技。
2分の間、玉を投げ入れ、その総数を競う。


玉を数える。


紅組は20個。白組は30個を越え、大差で勝利。

つづき