3/2 ビリーケン・キッド自主興行「夢と元気をビリーから〜その2〜」 ミナミムーブ・オンアリーナ

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント



最初にビリーからのあいさつ。
ビリー「本日はご来場ありがとうございます。
プロレスデビューして15年、ビリーケン・キッドとして
10年になります。この間色んなことがありましたが、
みなさんのおかげで続けられました。

今日は思う存分楽しんでいって下さい。
僕も思いっきり楽しみます」


ビリーが大阪プロレスに登場した際の映像で
始まり、年を追っていく。


懐かしい顔も見られた。
昨年の自主興行での、怪人・ハブ男戦の映像も
使われていた。





変遷が分かりやすくまとめられていた。


1:ヒロ・トウナイ vs 瀬戸口直貴


トウナイは大阪プロレス教室出身。
ビリーの指導を受けていたとのこと。

ロックアップ。瀬戸口、左腕を固める。
トウナイ前転して取り返す。


再び腕の取り合いからヘッドロックの攻防。
トウナイ首投げ、瀬戸口ヘッドシザース、ブレイク。
瀬戸口エルボー。


エルボーのラリー。トウナイ、ロープへ振る。
瀬戸口振り返しドロップキック。
ハーフダウンにして、背後からもう一発。

つづき