ミスター8号(みすたー はちごう)
所属:スポルティーバエンターテイメント


ミスター6号のタッグパートナーとして、アイスリボン
2009年11月の大会に初登場した謎のマスクマン。
コスチュームからすると、6号と何らかの関係があると
思われるが詳細は一切不明。


血気にはやる6号を押さえる、冷静な一面を見せる。


6号の技の仕掛けをギロチンドロップでサポート
する冷静な一面を持つ。



ミサイルキックを放つ豪快な一面も見せる。
が、豪快すぎて頭を打つことも。


勢いのあるスピアーで戦局を変える。
が、勢いがありすぎて頭を打つことも。


速いロープワークに翻弄されたりもする。


しかし、6号のサポートに入る際は非常に冷静。
同時に弓矢固めを見せた。


スピアーに見られるように、レスリングをベースと
した戦いを見せる。俵返しは持ち上げてタメを
作ってから放り投げる。マットに叩き着ける直前まで
相手の身体を手で押し、勢いを殺さない。
国体出場クラスの実力者だろう。


スロイダーはしっかりと肩をホールドし、身体を横へ
捻りながらヒザを曲げて、落差をつけて叩きつける。
見た目と威力を兼ね備えた投げ。


身体能力の高さはドロップキックの精度にうかがえる。


また、プロレスの古典技ともいえる河津落としは高速。
河津落としを決めたまま、そのまま足をフックし横回転し、
十字架固めのように押さえ込むクラッチ技も使う。


ミスター6号と同様に、マスクを前後逆にされると
完全に無力化してしまうのが最大の弱点。

次回の登場が待ち遠しい選手のひとり。

選手紹介目次へもどる

トップへもどる