久保田ブラザーズ(くぼた ぶらざーず)


ヒデ久保田(左)とヤス久保田(右)のタッグチーム。
通称:クボブラ。

どんな努力をしても手に入れることのできない、
双子という天賦の武器を持っているチーム。

ツープラトン、コンビネーションなどタッグチームと
しての実力で名古屋で右に出るものはない。

最も簡単な見分け方は、右肩にタトゥーを入れて
いるのがヒデ。また、ヒデはネックレスなど首に
アクセサリを着けて試合をすることが多い。


二人ともラフ殺法を得意とするが、それが二人
がかりとなると、そのイヤらしさは何乗にもなる。


シンプルなエルボードロップもタイミングはバッチリ。


逆エビ固めや、ラクダ固めといった技では
足を出してフォローするのはよく見られる光景。



ヒデのラクダ固めに、ヤスが横から走り込み
スライディング式ギロチンドロップの連携。


正面からの低空ドロップキック。同じラクダ固めから
でも、攻め方がひとつではないのがクボブラ。


一点集中攻撃も二人がかりで行うことが多い。
腕や足へのフットスタンプ。



腰への集中攻撃。馬跳び式のヒップドロップ。
腕攻めで使うこともある。


ヤスのサイドバスターと、ヒデのダイビングギロチン
ドロップの合体技。サイドバスターのかわりに
ペンデュラムバックブリーカーを使うこともあるが、
最近はサイドバスターの方が多い。

個々でみた場合、飛び技を得意とするのはヤスだが、
二人がかりの場合は、ヒデが飛ぶことが大半。




クボブラ得意の合体技。相手を抱え上げ、一旦
ロープに足から落としてその反動でうつ伏せに
相手のパートナーの上へ落とす。



相手は顔から落ちることが多い。




リング中央で、ロープを使わずに回転させて
シットダウンボムで落とす。
同じ入り方でも終わり方が違う。

顔面への攻めがクボブラの真骨頂