岩本 煌史(いわもと こうじ)
所属:スポルティーバエンターテイメント
入場曲:『Birth Battle』(仮面ライダーオーズ/OOO オリジナルサウンドトラック2)
twitter:@cozy_a_k_a_koji


「愛プロレス博2012〜その向こうへ〜」の第1試合
石田慎也を相手にデビュー。


バックボーンは柔道。柔道の技術を多用する。
朽木倒しで相手を倒し、腕がらみや袈裟固めで
攻めることが多い。




逆一本背負い。


払い腰。ロープへ振られそうになった時や、
相手が走り込んできた時のカウンターとして
用いることが多い。


大外刈り。走り込んでのSTOとしても用いる。


巴投げ。


ハリケーンドライバー。柔道で言うところの肩車、
レスリングで言うファイヤーマンズキャリーで
担ぎ、開脚して前方へ落とす。


もちろんプロレスの技も使う。ネックブリーカー、
回転足折り固め。
また、憧れの選手は内藤哲也(新日本プロレス)。


フィニッシャーとなることもある、腕十字固め。
跳び付き式や、足取り式などでも出す。


岩本の奥の手、ジャーマンスープレックス。




高いブリッジで相手を叩き付ける。
ブッコ抜き(デッドリフト)に近い形で、相手を
投げることもある。


デビュー直後は、試合数がそれほど多くなかったが、
2013年中盤から徐々に増加。

多団体の選手と戦う機会も増えたが、石田との
同期対決はハズレの無い名物カード。

選手紹介目次へもどる

トップへもどる