SHIGERU(しげる)
所属:フリー
入場曲『Precious Time』(Vomit Wrath)


本名:高木茂。東海プロレス、ロックアップ、NWD、
スポルティーバなどを経て、2007年12月に開催された
「恋プロ'07」で高木三四郎との試合で認められ
でら名古屋プロレス入団。


愛プロレス博2007など、スポルティーバ興行の
常連選手でもあった。


TAKASHI(プロレス実験団GUYZ)のデビュー戦の
相手も務めている。


でら名古屋プロレスの旗揚げ戦ではセミファイナルで
TAKAみちのくと対戦。


2008年12月のでら名古屋プロレスハウスショーにて
左膝前十字靭帯断裂、左膝外側副靭帯損傷という
大ケガを負い欠場期間に入る。

欠場中に、でら名古屋プロレスは活動休止となり、
最終興行において、5分間のエキシビションマッチは
出場したものの、正式な復帰はしなかった。


治療に専念するため、チームでらには合流せず
フリーランスに。2009年11月の愛プロレス博 挑戦で
豊臣太郎を相手に復帰戦を行った。


ファイトスタイルはオーソドックス。コーナーを使った
キック技を多く使う。コーナーへ押し込んでの
ソバット。


サードロープを踏み台にしてのヒザ蹴り。


クロスフェイスやフィッシャーマンバスターが
得意技。


トペ・コン・ヒーロを放つことも。


身長は決して大きくはないが、身体の厚みは
名古屋の選手でも分厚い部類に入る。

ケガに悩まされることも多く、決して華のある選手
とはいえないが、戦いに向ける姿勢や表情から
自然と応援を集めていくことが特徴。

2010年6月から欠場し、スポルティーバ預かりとなり、
2011年5月愛プロレス博でのセレモニーをもって、引退。

選手紹介目次へもどる

トップへもどる