つづき



出し方、使い方はさまざま。
相手をまたいで立ち、予備動作なしでいきなり
ドスンと落ちるテディベア。


タッグパートナーをおぶる、ふたりがかりでのテディベア。



相手をうつぶせにして、テディベアからラクダ固めへ
攻撃を繋げていくこともある。


ケニー・オメガとのシングルマッチでは、机をリングに
ななめに立てかけ、テディベアでシーソーのように
ハネ上げてぶつけるというプロレス頭を見せた。


エプロンからしかける、スリングショット式テディベア。




トップロープからリバースプラッシュの要領で跳び、
相手を圧殺するダイビングテディベア。
現時点での最上位フィニッシャー。




別角度から。


WARスペシャル。中盤で相手のスタミナを
奪うために用いる。
まれにフルネルソンホールドも使う。

つづき