入江茂弘
所属: DDT(2013年にチームでらから移籍)
入場曲:『タチムカウ〜人間の証明〜』(筋肉少女帯)
ブログ:タチムカウ!タチムカウ!またタチムカウ!!
twitter:@tachimukau_irie


大阪府出身。大阪プロレスのプロレス学校を経て、
コーチの高井憲吾を慕い、でら名古屋プロレスに入団。

でら名古屋旗揚げ戦に先駆け、2008年4月、「若武者」の
vs 高西翔太戦でデビュー。

でら名古屋プロレスの旗揚げ戦では高木三四郎との
タッグでメインイベントに出場した。

その後、でら名古屋プロレスやスポルティーバ興行で
試合経験を重ね、DDT(ハードヒット)やマグニチュード
岸和田興行、その他関東・関西の様々な興行に参戦。

デビュー1年半のうちに、TAKAみちのく、マグニチュード岸和田、
ブラック・バファロー、関本大介、佐々木義人、高木三四郎、
ケニー・オメガ、竹田誠志など各団体のトップ選手とシングル戦を
行っているのは特筆すべき。

またノア(当時)の橋誠とも対戦している。


さらに、DDTの「本屋プロレス」で書店内だけではなく、
ショッピングモールを舞台に戦いを繰り広げた。


ファイトスタイルは体格を活かした突貫ファイト。
入場曲の通りどんな相手でも真っ向から立ち向かう。
打撃だけではなく、体当たり系の技を中心に戦う。


相手をふたりまとめてブレーンバスターで投げる。
パワーは東海地区の選手でトップと言っていいほど。


破壊力満点のエルボー。


腕パンチ(ベイダーハンマー)やボディアタック
(ベイダーアタック)も使う。



入江の得意技のひとつ。コーナースプラッシュ。
突進前に一度タメを作ってからダッシュするため
迫力満点。




近年はクローズライン気味に突進するように変化。




また、あまり使い手のいないヒップドロップ系の技を使う。
基本は助走を付けて、ジャンプして落下するテディベア。
入江の試合を観て、まず最初に驚くのはこの技。






別角度から。

つづき