5/6 スポルティーバ 「愛プロレス博2019〜証明〜」 名古屋・クラブダイアモンドホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合  セミファイナル メインイベント


7:岩本煌史 杉浦透 蓮香誠 vs 伊東優作 高井憲吾 影山道雄


名古屋から旅立っていった岩本と杉浦、
名古屋で闘い続けている4選手による
6人タッグマッチ。


各チームひとりずつでの個別入場。


DEPタッグ王者が今回は対戦する。


全日本プロレスの、世界ジュニアヘビー級
王者として帰ってきた岩本。


トリは高井だが、入場曲のイントロが鳴ったと
同時にダッシュでリングイン。
場の空気をもっていくのはさすが。


先発は伊東と岩本。
ロックアップから腕のとり合い。
岩本ヘッドロック、首投げ。
伊東ヘッドシザース、ブレイク。


両者交替しロックアップ。
杉浦押し込みブレイク、高井手にかみつく。
影山と杉浦、腕をとり合う。


蓮香、伊東へショルダーブロック。
岩本、エルボー。


岩本さらにエルボー、踏みつけ。


伊東が捕まる。
杉浦、岩本と合体ショルダーブロック、逆水平チョップ。

つづき




スポンサーリンク