10/19 スポルティーバ 「愛プロレス博2018〜紡ぐ〜」 名古屋・クラブダイアモンドホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合  セミファイナル メインイベント


4:柴山貴哉 小杉研太 vs 大谷晋二郎 小杉研太


名古屋(愛知側)は小杉と柴山。
小杉は初期愛プロレス博の常連で、DEPのエース候補と
して嘱望されたものの、数年ほど欠場。
最近の水プロにセミレギュラー参加中。

柴山は東海プロレス時代から小杉の先輩にあたり、
同じくスポルティーバ興行の黎明期から参加している。


対戦相手は大谷晋二郎と兼平大介。
大谷はノリとのシングルマッチや、愛知県下に
ある学校でのクローズド試合などで対戦し、
かつ愛プロレス博では彰人デビュー戦などの
キーパーソン。

兼平は田村和宏(現:TAMURA)の代打出場だが、
ノリとはHEAT-UPユニバーサル王座を争ったり、
今池プロレスにたびたび出場したりと縁深い選手。


先発は柴山と兼平。腕のとり合い。
小杉が背後から柴山の背中に触れ交替。
ショルダーブロックの応酬。小杉競り勝つ。


兼平すぐに立ち上がりショルダーブロック。
大谷タッチを受け、チョップの打ち合い。


大谷競り勝つ。
兼平タッチを受け、ダブルのショルダーブロック、
サッカーボールキック、その場飛びフロッグスプラッシュ。


大谷、ツリー・オブ・ウォウにし顔面へドロップキック2発、
キャメルクラッチ。
柴山カットするが、小杉にも一発入れて檄を飛ばす。


大谷チョップ。
小杉ランニングエルボー、足を捕まれるが
ブレーンバスター。


柴山タッチを受け、入ってきた兼平へサイコクラッシャー、
大谷にマンモスハリケーン。
これは現在長期欠場中のマンモス半田の技。


大谷水面蹴り。
兼平タッチを受けニーリフト。


兼平ヒップトスからの腕十字。
柴山エスケープ。


兼平ニーリフト。柴山ラリアット。
小杉タッチを受け串刺しラリアット。

つづき


スポンサーリンク