10/19 スポルティーバ 「愛プロレス博2018〜紡ぐ〜」 名古屋・クラブダイアモンドホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合  セミファイナル メインイベント


3:長谷川智也 vs 小仲=ペールワン


NWD、GUYZ(LOCK UP)から連なる、同門対決。
長谷川はここぞ、という時に着用するグレー迷彩パンツと
プロレス実験団GUYZのシャツ。

ペールワンはスポルティーバ興行ではめったに見せない
コーナー上での座禅倒立。


握手でスタート。
ペールワン飛行機投げ、腕固め、スタンドで絞る。
長谷川切り返す。


長谷川スタンド式リストロック。
ペールワン股下を抜け、ヘッドロック、首投げ。


長谷川ヘッドシザースを狙う。
ペールワン足を抱え込み、片エビ固め。
カウント2。

ペールワン、ヘッドロック、手刀、トーキック。


長谷川ビッグブーツ。
ペールワンスライディングでかわしスリーパーホールド、
リリースしキック。
長谷川かわしロックアップ。


長谷川アームドラッグ、ガットショット、フェースクラッシャー。


長谷川レッグドロップ、フェイスロックを狙う。
ペールワンスカしてスリーパーホールド。


ペールワン、ダイビング座禅トーン、カバー。
長谷川、足でロープブレイク、ペールワンの
串刺し攻撃をキックで止め、ショルダーブロック。


長谷川、サイドバスター、フロッグスプラッシュ。
カウント2。


長谷川ローリングおっサンダー。


ペールワン、カウンターで三角絞め。
ペールワン、馬乗りでフォール。


長谷川切り返しエビ固め。
ペールワン首固め。
いずれもカウント2。




長谷川、倒れ込み式のジャンピングチョークスラム。


長谷川エビ固めで押さえ込みカウント3。
おそらく長谷川は初勝利。

勝利した長谷川も素晴らしいが、ペールワンが時おり
見せる、短時間のシングルマッチは毎回予想を
いい意味で裏切る好試合になる。

第4試合へ


スポンサーリンク