8/3 プロレスリングFREEDOMS 「プロレス戦国時代 “群雄割拠 其の一”」 東京・後楽園ホール

ダークマッチ 第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合 第6試合 第7試合 第8試合 セミファイナル メインイベント


5:鳥取だらずプロレス(鳥取) vs FREEDOMS対抗戦
因幡のバッファロー G ガイナタイガーvs マンモス佐々木 杉浦透 GENTARO


杉浦はDEP(愛知県・刈谷市)でデビューして、
FREEDOMSでタッグ王者にまでなった選手。
GENTAROがベルトを奪う。


東京では原則見られない、"因幡の"バッファロー。
鳥取だらずが奇襲。
ガイナタイガー、トペ・スイシーダ。


GENTAROがGにパンチ。
Gのエクスプロイダー。


両者交替。
佐々木、バッファローにショルダーブロック、レッグドロップ、
ブレーンバスターを狙う。
バッファローこらえ、スナップスープレックス。


ガイナタイガードロップキック。
佐々木受け切ってドロップキック。


GENTARO、腰へエルボー。
杉浦、逆水平チョップ、ボディスラム、エルボードロップ。


ガイナタイガーウラカンホイップ。
G、タッチを受けエルボー。

佐々木チョークスラムを狙う。
G顔面かきむしり。


Gロープへ跳ぶ。
佐々木ラリアット、杉浦をモアイ・オブ・イースターで
Gに叩きつける。


杉浦とGENTAROダブルの攻撃を狙う。
Gがブロックすると、ガイナタイガーがミサイルキック。


ガイナタイガーバックエルボー。
バッファローラリアット。


バッファロー、GENTAROをバックドロップ。
ガイナタイガー、ラ・ケブラーダ。


G、エルボー、タイガードライバー。


G、エメラルドフロウジョンを狙う。
GENTAROブロックしてフェイスロック。
これでGがタップし、決着。

GENTAROがなかなか放さなかったため
もみ合いになる。続きがある?

第6試合へ





スポンサーリンク