8/3 プロレスリングFREEDOMS 「プロレス戦国時代 “群雄割拠 其の一”」 東京・後楽園ホール

ダークマッチ 第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合 第6試合 第7試合 第8試合 セミファイナル メインイベント


1:チームでら(愛知) バトルロイヤル
高井憲吾、影山道雄 ジ・インテリジェンス・センセーショナル・グランドパッションマスク4号
蓮香誠 伊東優作 バキューンマスク


所属選手と、レギュラーメンバーの伊東優作(DEP・愛知県刈谷市)に
よる6名参加バトルロイヤル。
裁くのは戸川将司レフェリー(スポルティーバエンターテイメント)。

なぜか佐々木貴の入場曲の『This Is War』が流れる。
佐々木、音響の弥武芳郎氏をのぞきこむ。


バキューンロボ(高井プランニング製)と高井憲吾が入場。


バキューンマスク。
正体は何浦なんだろう?


正体が何浦透か不明のまま、バキューンマスクは
ロープへ跳ぶ。
蓮香ラリアット。


バキューンマスク、マンモス半田と入れ替わり
本部席でくつろぐ。


高井、バキューンマスクと間違えてオリジナルの方を
リングへ戻そうとする。

蓮香へ連続串刺し攻撃。
伊藤がタイナー、4号フロントキック、高井ラリアット。


バキューンブラザーズ、タイツをヘソ上までたくし上げサイドキック。
カウント3。


バキューンマスク右腕、雪崩式ブレーンバスターを狙う。
高井がバキューンマスクに急所打ち。


バキューンマスク押さえ込まれカウント3。
伊東が影山にチンクラッシャー、シャイニングウィザード。


伊東、影山に腕十字固め。
しかし、高井と4号が左右から伊東を腕十字固め。
さらに影山がアキレス腱固め。
伊東これでギブアップ。


影山、4号に高井を抱えさせネックブリーカードロップ、
レッグラリアット。


4号、追撃をブロックしスクールボーイを狙う。
影山、戸川レフェリーに捕まるが、シャツが脱げて
押さえ込まれカウント3。


4号チンゲメーカーを狙う。
高井ブロックし、バックのとり合い。
4号戸川レフェリーに抱きつきブロック。




4号、ダイビング式の前方回転エビ固め。
高井は戸川レフェリーのズボンに捕まるが、
シャツ同様ズボンも脱げる。
4号押さえ込んでカウント3。


チームでらはこの日参加した全団体の中でも試合数が多く、
他団体参戦も多い選手ばかりなので、スタンダードな6人
タッグでも全く遜色ない闘いができるレベルなのに
あえてバトルロイヤルをもってくるのはさすが。

好みは分かれるだろうが、良くも悪くもジャンク感の強い
試合をできるのは、おそらくチームでらだけ。

第2試合へ





スポンサーリンク