11/27 松江だんだんプロレス 「2016 ファイナル」 島根・松江イングリッシュガーデン

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合 第6試合 第7試合 セミファイナル メインイベント


2:棚ボタ弘至 裸一漢 vs 珍獣サンダーライガー 隠岐しゅうぞう


隠岐しゅうぞうは試合前から泥酔もよう。
エプロンでもカップ酒をかっくらう。


名は体を表す、裸一貫。


ライガー、一貫をリングから投げ出す。
一貫テングを装着。


ライガー「そんなこともあるかと思って、
こっちも用意しておいたんだ!」
とおかめを装着。

一貫激しく突く。
これだけ見ると奇祭っぽい絵柄。


奇祭は続く。
一貫が果てると、ライガーはテングの鼻をヒネる。
ふじいレフェリーの手をつかんで一緒にこねくり回させる。


ライガー、棚ボタをシーソーホイップで
一貫にぶつける。


隠岐リングに入るも、一貫にリバース。
ライガーキャメルクラッチ。


隠岐が放水。酔っ払いはタチが悪い。
ライガー、ラダーを木馬のかわりに使って、
一貫を固定し、トラロープでのムチ打ち。
本物は使わず、リーズナブルに済ませる。


ライガー「お客さまの中に、ムチを使える方は
いらっしゃいませんか?」
女性客、男性客がひとりずつムチ打ち。


ここで一貫退場。
棚ボタ「ここで新婦のお色直しが終わったようです
みなさま拍手でおむかえください」


父親に連れられ、一貫再入場。


棚ボタ「健やかなる時も辞める時も…」
一貫「誓います!」
ライガー「誓うわけねえだろ!」
一貫力づくで誓いの接吻。


一貫、ライガーを抱きかかえ退場。
隠岐も酔いがややさめたらしく退場。
いいものを見た。

第3試合へ





スポンサーリンク