11/20 HEAT-UP 「新章開幕 in NAGOYA」 愛知・名古屋枇杷島スポーツセンター

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント


2:藤田峰夫 vs 石田慎也


入場式の時とは異なるガウン、束ねていた髪も
少しほどいての入場。
名古屋の選手でここまで入場に気を配る選手は
少ないのでいつも印象に残る。


ロックアップ。石田押し込みブレイク。
ふたたびロックアップ。
藤田押し込んで、何度も急所クローを狙う。
石田ことごとくかわす。


藤田マンハッタンドロップ、急所クロー。


藤田ボトムロープを使っての急所攻撃、
弓矢固めでの急所クロー。


藤田タオルで首絞め。
日韓レフェリーが注意し没収。

石田コーナーに押し込みストンピング。
注意を受けると「(藤田は)さんざん反則してたのに」
と抗議。


藤田、石田の股下からタオルの端をつかみ
持ちあげて急所攻撃。
日韓レフェリーはタオルを手放すわけには
いかないので、石田はしばらく悶絶。


石田串刺し攻撃をドロップキックで迎撃、
竜巻式ヘッドシザース。


石田トペ・コン・ヒーロ、ダイビングクロスボディ。


藤田ドロップキック。
石田スーパーキック。


石田トルネードDDT。
藤田マンハッタンドロップ、ちんプラントの体勢。
石田脱出しカサドーラを狙う。
藤田こらえ、リバースちんプラント。


藤田ちんプラント、カウント2で返されると
スワントーンボムでカウント3。

第3試合へ





スポンサーリンク