6/29 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ

第1試合 第2試合


1:石田慎也 vs ゼヴィウス


チケットの売れ行きがぼちぼちということで、
ノリ・ダ・ファンキーシビレサスが今池プロレスの
告知を兼ねた試合をさせると説明。

毎度のことながら試合カード発表が直前なのが
影響しているとは思うが、石田とゼヴィウスは
とんだとばっちり。

今池プロレスの選手のマスクをかぶって、それに
対応した選手の技でなければフィニッシュとして
認められないルール。

ゼヴィウス串刺しダブルニー。


ゼヴィウスはドラゴンズマスクのマスクを手にするが
うまくかぶれず、石田の攻撃を食らう。
石田チョップ、踏みつけ。


石田ドラゴンズマスクになり、ランニングホームラン。


続いてミソ・トン・チャンマンになってトンチャンサルト。
頭をしたたかに打ちつけ失敗。


ゼヴィウスマスクを奪いトンチャンサルト。
石田のDJマスクを装着。


ゼヴィウススピニングエルボードロップ。
石田かわしスピニングエルボードロップ。


石田カバー。
しかし今池プロレスの選手の技ではないので
カウントはとられず。

石田こんどはゼヴィウスのマスクを着用し
串刺しダブルニー。


石田コーナーへ上がる。
ゼヴィウスブレーンバスター、ウェルビーマスクに
なってロウリュ熱波。


石田雪崩式ブレーンバスター、グランパスマスクに変身。


石田ドロップキック、スーパーキック。


これでカウント3。
なかなか条件の厳しい試合だった。

第2試合へ





スポンサーリンク