5/25 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ

第1試合 第2試合


1:ノリ・ダ・ファンキーシビレサス vs ミソ・トン・チャンマン


今池プロレス提供試合。
レフェリーは今池2月大会で二代目デスロッカー襲名が
決まったつよし。つよしはフォークだけども。

つよし「最近は横文字ばかり。頭突き、目突き、
殴ったら駄目、オーケー? あっ!」

大声をあげて誤魔化す。
名古屋でよくある光景。


試合開始。
つよし客とコミュニケーションをはかる。


つよし歌う。
トンチャンカバー。
つよし高速カウント。


ノリ「お前何年選手だ?」
つよし「1年です」
ノリ「先輩の言うことを聞け、俺の時だけ速くとれ」

つよし高速カウント。


トンチャン「お前いくつだ?」
つよし「21です」
トンチャン「お前が生まれる前からプロレスやってんだぞ」

試合再開。
つよし、2階席、3階席を見渡す。


トンチャンステップオーバーアームストレッチ。
つよし「ウォーウォーウォーウォーウォオー?」
ノリ「ウォウウォウォオウォー」
『とんぼ』でコミュニケーション。


つよしトンチャンにオールドスクール。
さらにノリと歌い始める。


ノリ雪崩式ブレーンバスター。
つよしがカバー、カウント3。


ノリはひと月ぶりの試合だったが、つよしの勝利を
巧みにアシストしていた。

第2試合へ





スポンサーリンク