4/30 道頓堀プロレス 「桜咲シリーズ2016 最終戦」 大阪・世界館

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 セミファイナル メインイベント


4:マグニチュード岸和田 ビリーケン・キッド 政宗 vs タダスケ リアル・イヌナキン 三原一晃


先発はビリーとタダスケ。
腕のとり合いからビリーのフロントヘッドロック。

タダスケダックアンダーで担いで、下ろしながら
体を入れ替え腕をとる。関西圏の選手の中で、
腕のとり合いで一番面白いのがタダスケ。


ビリー飛行機投げ。
タダスケ腕固め。

ビリーヘッドロック、首投げ。
タダスケヘッドシザース。
ブレイク、両者交替。


岸和田と三原が、ショルダーブロックのラリー。
三原が競り勝つ。


両者交替。
イヌナキンアームドラッグ、ドロップキック。

政宗追撃をかわしコーナーへ上がる。
タダスケパンチで落とし、連続串刺し攻撃。


政宗が捕まる。
タダスケニーリフト。
イヌナキンネックブリーカー。


三原ワンハンドボディスラム、屈伸式ボディプレス。
タダスケダイビングフットスタンプ。


政宗カウンターのヘッドシザースホイップ。
岸和田が替わってリングイン、タダスケにラリアット、
イヌナキンにケブラドーラ・コン・ヒーロ。


岸和田さらにラリアット乱れ打ち。


岸和田タダスケにミサイルキック、ムーンサルトプレス。


岸和田ラストライドを狙う。
タダスケリバーススープレックス、ロープへ跳んで
エルボースマッシュ。

つづき





スポンサーリンク