3/26 DDT 「Dramatic 2016 March Special」 東京・新宿FACE

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合 セミファイナル メインイベント



鶴見亜門GMによるあいさつの後、オープニングコール
担当としてHARASHIMAが呼び込まれる。

ここで大家が登場。
亜門GM「今日メインでその挑戦権使うんでしょ?」
大家「今日使うとは言ったが、メインとは言ってない!
HARASHIMAそんな格好で試合できんのか?」

HARASHIMAシューズとニーパッドを確かめる。


大家「俺は今ここで、挑戦権を行使…しない。
HARASHIMAまだこの興行は続くぞ。
ひとときでも油断するなよ」

HARASHIMA気をとり直し開会宣言。


1:高木三四郎 大鷲透 vs 松永智充 伊橋剛太


松永スクールボーイ。
大鷲首固め。
ともにカウント2。


高木「ルーチャ! ルーチャ!」と煽って
クロスアタック、ダイビングフットスタンプ。


伊橋の腹で弾む。
高木は気に入ったのか繰り返す。
大鷲「高木さん、そうやっててケガするじゃないですか!」


大鷲逆水平チョップ、ロープへ跳ぶ。
伊橋ダッシュミドル。


松永トミーボンバー。
大鷲ビッグブーツ。
高木ドラゴンリングイン。
松永ガットショット。


伊橋ムーンサルトプレス。
高木かわしラリアット。


ここでKENSOが乱入。
DDTに入れてくれと要求し、伊橋に張り手、ビッグブーツ。
伊橋かわし誤爆させ、高木をスクールボーイで押さえ込み
カウント3。


KENSO「世界中を見てきたが、DDTのファンが一番だ。
僕をDDTに入団させてください!」

高木「お断りします!」


さらに琉球ドラゴンへの長期遠征が終了することが
発表されていたレッカ(新台湾プロレス:NTW)が現れる。

レッカ「DDTが台湾で大会するって聞きました。
力になりたい、もっとプロレスをしたい。
DDTに入団したい。お願いします!」

KENSO「お願いします!」


高木が選んだのはレッカ。

第2試合へ





スポンサーリンク