7/19 HUB自主興行 「毒人3」 大阪・大阪市立港区民センター

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 セミファイナル メインイベント


6:玄海 vs HUB


九州プロレスのリング上で、秀吉のマスクを脱いで
素顔となった玄海。
玄海として大阪で試合をするのは珍しい。

HUBは黒と青を基調としたマスクだが、額には
大会名の「毒人3」の文字。


篠塚誠一郎リングアナウンサーによるコール。

セミファイナルまでは本部席で、選手のリングインと
同時にコールだったが、メインイベントだけは
入場後のコール。

紙テープが舞うと、HUBはシッポを振って絡めとる。


ロックアップ。玄海押し込みブレイク。
玄海ハンマーロック。
HUB腕をとる。


玄海腕固め、スリーパーホールドへ移行。
HUB足を刈って逆エビ固めを狙う。
玄海ロープをつかむ。


HUBヘッドロック。
玄海ローリングで肩をつけさせ、クロスフェイス。


HUBローリング。
玄海カウント2で返し、腕をとる。
HUB前方回転、アームドラッグ。

両者距離をとる。


ショルダーブロックからロープワーク。
玄海伏せかわし、HUB側方倒立回転。

さらにロープワーク。
玄海リープフロッグ、HUB前転でその下を抜ける。


HUBシッポ攻撃。
玄海かわしキック、ロープへ跳ぶ。
HUBカウンターでシッポ攻撃。


チョップの打ち合い。
HUBローキック、両ヒザを踏み付けるレッグブリーカー。


チョップの打ち合い。
玄海競り勝ちバズソーキック、ジャーマンスープレックス。

つづき





スポンサーリンク