12/14 鳥取だらずプロレス 「ダラズマニア2014」 鳥取・倉吉パープルタウン

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント



鳥取県を拠点とする、社会人プロレス団体。
会場は倉吉市のショッピングセンター、パープルタウン。
その1階イベント広場にリングが設置される。
吹き抜け状の構造のため、階段や2階からも観戦可能。


鳥取砂丘とラクダがモチーフの団体ロゴ。
シンプルなモノトーンだが、縁取りと字体が
映える、秀逸なデザイン。


1:橋本康平再デビュー戦
矢野俊治 vs 橋本康平


珍獣サンダー・ライガーとして戦っていたが、先日の
敗者マスク剥ぎマッチでGに敗北したため、素顔と
なった橋本。

コピーレスラーではなく、素顔の橋本として再デビュー。
『爆勝宣言』で入場。橋本真也のコピーレスラーとして
再デビュー。


ロックアップ。矢野押し込みブレイク。
橋本ローキックで牽制。

矢野受け止め、足を払いレッグロック。
橋本腕十字固め。


矢野、腕固めに切り返し、ストンピング、逆水平チョップ、
ヨーロピアンアッパーカット。


橋本、矢野の右腕にケサ斬りチョップ、ミドルキック。


チョップの応酬。


橋本ミドルキック。
矢野受け止め、ドラゴンスクリュー、ローキック。


橋本、水面蹴り、ミドルキック連発、エルボードロップ。
カウント2。


矢野のエルボー。
橋本のケサ斬りチョップ。


橋本、顔面パンチ、さらに馬乗りでパンチ。


橋本、コーナーへ押し込みパンチ。
レフェリーが間に入り分ける。
矢野、ドロップキック。


矢野馬乗りになりパンチ。
橋本攻撃を切り返し、DDT。


橋本、垂直落下DDT、三角絞め。
レフェリーが止め、橋本の勝利。


橋本と矢野は言葉をかわし、握手。
コピーレスラーではあっても、いたって真っ当なプロレス。

第2試合へ