12/3 欠場プロレス 「東名阪ツアー2014」 大阪市・浪速区民センター



会場内のホワイトボード。
欠場プロレスの6文字が、著しく目立つ。


リングではなく、マットを使用しての興行。
原っぱプロレスで使用されたものと同一かな?


段ボールに色ガムテープを巻かれたものが
コーナーとして使用される。
途中でテープが尽きたのか、ざっくりとした作り。


この赤コーナーは、昨日のズゴックの一部か?


丸山敦がステージ上からあいさつ。


丸山「小仲=ペールワン選手が欠場となります。
代わりにグランパスマスク4号選手が出てくれます。

サザンクロス選手は、検査入院のため
欠場となります。欠場壷を販売しますが、まだ
気を入れていないので、買った方はあとで
来て下さい。

ファンクラブを立ち上げました。現在数名の
気が向いた、いや気が触れた方が加入
して下さってます。

休憩時間中、砲弾を渡しますが、勝手に
投げないで下さい。段取りが狂うと、今以上に
いっぱいいっぱいになります」


『オリンピア』(セルジオ・メンデス)が流れ、
全欠場選手入場。負傷時期・箇所も紹介。
高井憲吾、影山道雄の二選手が入場。

高井「ツアー最終戦となりました。
欠場者が、プロレスはできないですが、頭を
使い協力して、大会ができるようになりました。
最後まで楽しんでいって下さい」

影山「久しぶりの大阪なので、緊張しています。
発表ずみですが、来年2月に退団します」


佐藤悠己とグランパスマスク4号のあいさつ。

4号「戦いを求めてやってきました
自分のキャリアが何だったのか
全てをかけて戦います。

最後までゆっくりご歓談下さい。
宴もたけなわではございますが、
一本締めをします。お手を拝借、よーっ!」

いきなりシメられた。


1:フーイズタカイ


丸山「まず、今まで行われたディスイズタカイの
説明をします。人間ものまねジュークボックス、
高井憲吾のものまねを、選手が答えてジャッジで
勝敗を決める、というものです」


丸山「しかし、高井さんももうボロボロです。
そのため、プロレスものまね界の次世代を担う
選手、次の高井憲吾を探すことになりました。

選手同士がものまねをして、それに勝ち残った
ものが、次の高井憲吾となります。

ワンデートーナメントとなり、参加選手は、
翔太、佐藤悠己、影山道雄、グランパスマスク4号
ですが、4号選手はシード選手です。

また、お客さまの中から抽選でひとり参加です」


丸山「座席番号38番、そこの男性です」
大阪プロレスでデビュー、引退した橘隆志(一般人)が
選ばれる。

丸山「では高井さん、デモンストレーションを
お願いします!」


高井「おう、マル、お疲れ。
コンマ2秒早かったな!」

丸山「一目で分かったと思いますが、
山田圭介のものまねでした」


高井、マグニチュード岸和田のものまね。
大阪だけあって、会場の反応が良い。
丸山喜ぶ。

つづき