8/23 富士宮プロレス 「第6戦 カム・トゥゲザー」 富士宮市民文化会館 小ホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 第5試合



会場はここ。隣の大ホールでは早稲田大学合唱団の
コンサートが開催。


リング垂れ幕には、富士宮・沼津・ながいずみの、
静岡ご当地団体のロゴ。

植松寿絵と、他の選手たちによる子ども客対象の
プロレス教室。準備運動から始まって、筋トレや
マット運動、ロープワーク(ロープに手で触れて往復)
などなど。

体験者には、キャラクターグッズのお土産が進呈。


プロレスの簡単なルール説明。
エル・トラウト・ザ・レインボウが、バンブーキングを
相手にギブアップや3カウントの仕組み、目潰し
など反則についても説明。


1:宮耕作vs 戦国戦士『グレートザ・KANSUKE』


"中小企業戦士"宮工作。
胸元には、ミヤ興行(株)の文字。
名刺を配りつつ入場。

会場実況は、沼津プロレスの高橋裕一郎氏。


"戦国戦士"グレート・ザ・KANSUKE。
山本勘助モチーフ。


ロックアップ、両者一度ずつ押し込みブレイク。
首投げからヘッドシザース。

宮ショルダーブロック、ロープへ跳ぶ。
KANSUKE伏せかわし。


KANSUKE、宮をハタいてロープ間を何度も
往復させて、疲れさせる。


KANSUKE、水面蹴り、腕固め、腕へレッグドロップ。


KANSUKEキーロック、エスケープされるとチョップ。
打撃戦は宮が競り勝ち、スナップスープレックス。


宮、コーナーを上る。
KANSUKEロープワークで振動を与え、
宮のバランスを崩す。

つづき