7/26 スポルティーバ 「土プロDX」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント


5:第3代Survivor of the Ring Side王座決定戦
小仲=ペールワン vs 石田慎也


Survivior of the Ring Sideはスポルティーバのハウスルール。
・リング内と店外以外で戦い、リング内と店外が場外扱い。
・3カウント、ギブアップ、前述の場外でのカウントアウト負けで決着。
・客に触れるとブレイク。
・会場内の備品すべてが公認凶器。

この試合が、第3代チャンピオン決定戦となる。
佐藤泰は、自分は王者ではなく番人、と主張して
いたので、それが公式に認められた形になった。

ロックアップから腕の取り合い。
ペールワン、客にエスケープを求める。


ペールワン、キャメルクラッチ。
石田、逆エビ固め。


ペールワン、シャツをつかまれると脱ぎ、
それで石田の腕を絡め取る。


ペールワン、石田をエプロンへ突き飛ばし、
駆け上がってボトムロープをつかんで反転、619。


ペールワン、石田を丸イスに叩き付け、
そのイスを顔に乗せ、自身も乗って
さらに4の字固め。

客を威嚇してロープブレイクを妨げる。


ペールワン、裏返されると協力を求める。


ペールワン、石田を丸イスにうつ伏せに乗せ、
ヒザを踏み固定してのストレッチ、リリースし
スリーパーホールド。

石田、丸イスを足で引き寄せて、それを
ペールワンの頭に叩きつける。


石田、厨房から玉じゃくしを持ち出し、
それで首絞め。


石田腰へエルボー、イスを乗せて動きを封じ、
逆エビ固め。


石田さらに丸イスを使っての、逆片エビ固め、
長机に叩き付ける。

つづき