11/16 大阪プロレス 「サタデーナイトストーリー」 ナスキーホール・梅田

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント



前説。吉野レフェリーと宮尾リングアナが見所を語る。

吉野「メインのお笑い選手権。先々週の興行で、王者
タイガースマスクがホフ専用ジオングに負けての再戦。
なぜタイガースマスクが負けてしまったのやら」

宮尾「坊やだからさ…あ、これはガルマが死んだ時の
ギレンの演説を聴いていた、シャアが言った言葉で」

吉野「それ言いたかっただけやろ。だから開始前に
何度もこのこと訊いてって言ってきたんやな」


『哀・戦士』の曲に乗って、大阪連邦軍入場。
織部「メインでは我々三人と山田圭介少佐が
必ずジオンを打ち倒します」


織部、油断している張り飛ばす。
タイガース「殴ったね!親父にも殴られたことないのに!」


タイガースやさぐれる。


織部「メインイベントご期待下さい」


1:タダスケ 三原一晃 vs ブラックバファロー 瀬戸口直貴


三原と瀬戸口で開始。
ロックアップ、三原押し込みブレイク。
再びロックアップ、タダスケ背後から襲う。

バッドストリーム、バファローと瀬戸口を
ハンマースローで激突させる。


バッドストリーム再びハンマースロー。
瀬戸口たちは振り返して激突させ、バファローは
フライングショルダー、瀬戸口はドロップキック。


バファロー、スナップスープレックス。
瀬戸口、バファローの順でスレッジハンマー。


瀬戸口、フライングメイヤー、ドロップキック。
バッドストリーム、場外戦へ持ち込む。


タダスケ、瀬戸口に三原とダブルのバックエルボー、
フィストドロップ、あごヒゲをつかむ。
三原目突き、フライングメイヤー、ボディシザース。


三原ロープへ乗せて急所蹴り。
タダスケ逆片エビ固め。

つづき