3/31 スポルティーバ 「土プロDX」 Sportiva Arena

第1試合 第2試合 第3試合 セミファイナル メインイベント


4:長島☆自演乙☆雄一郎 vs タケシマケンヂ


長島の参戦に至る経緯はこちらを参照されたし。
撮って出しの煽り映像。
「なぜ、長島☆自演乙☆雄一郎と戦うのか?」


タケシマ「僕の師匠である澤宗紀に勝った男と
戦ってみたいんです。
たしかに、彼は強いですし、色んなものを持っている。
K-1チャンピオンとかアキバとかオタクとか」


タケシマ「でも僕だって、バトラーツとかスポルティーバ
とか、マンモス半田を背負っているんです。
K-1のKは、ケンカのKだ!」


長島が飛び込んで来てにらみ合う。
「長島☆自演乙☆雄一郎 vs タケシマケンヂ」





長島は藤真拓哉デザインのコスチュームで入場。
スポルティーバ史上屈指の、大物ゲスト選手が
よりによってスポルティーバアリーナ登場。


長島、凶器をとがめられる。


試合開始。
長島はアップライトに構え、キックで牽制。


タケシマ、胴を抱え込み、押し込みブレイク。
長島、キックで牽制。





フィンガーロックから、タケシマは体を浴びせて
テイクダウン、ブレイク。


長島、ニーリフトからフライングメイヤー、
サッカーボールキック。

つづき