1/29 大日本プロレス 「Death Market7 名古屋大会」 クラブダイアモンドホール

第1試合 第2試合 第3試合 第4試合 セミファイナル メインイベント


5:名古屋城天守閣 凶器持ち込みタッグデスマッチ
宮本裕向 木高イサミ vs 伊東竜二 星野勘九郎


蛍光灯による、「天守閣」が設置される。


星野は蛍光灯を巻いたイス、
伊東は特大の蛍光灯束を持ち込む。
イサミはラダー、宮本は蛍光灯製の大剣を持参。


乱闘から場外戦で開始。
イサミ、リング設営用金具で、星野の額を裂く。
蛍光灯タワーへホイップ、星野踏みとどまる。


宮本、さっそく蛍光灯大剣を取り出す。




宮本、大剣を振り下ろす。




さらに星野を蛍光灯タワーへ投げつける。


イサミ、カバーが返されると、蛍光灯で星野の
額を切り裂き、さらに蛍光灯で一撃。


宮本、ラダーの上へボディスラム。
コーナーに上って噛みつき。

つづき