6/26 土プロDX Sportiva Arena

第1〜2試合 第3試合 第4試合 セミファイナル メインイベント


6:彰人 vs 影山道雄


若鯱リーグ戦の決勝。両者ガッチリと握手。
しかしにらみ合ったまま放さないため、
浅田レフェリーが分ける。

彰人のセコンドにはクボブラ、影山には柴山がつき、
スポルティーバエンターテインメントvsDEPの様相。

杉浦はどっちにもつかず、ニュートラルコーナーで
決勝に上がった二人を見つめる。


試合開始。フィンガーロック。
影山、左ローキック。


彰人、片足タックルでテイクダウン。
影山下から三角絞め。
ロープ際へ両者寄ってブレイク。


ロックアップ。彰人、ハンマーロックから腕を
後手にして背後へ回り、足をすくってテイクダウン。

足を交差させてのレッグロックから、仰向けにして
左足へエルボードロップ。さらにレッグロック。
影山エスケープ。


ロックアップ。影山ハンマーロック。彰人、腕を
取り返して足をすくい、左足へニードロップ。


彰人、左足を放さずトーホールド。
影山にエスケープされるとアキレス腱固め。
さらにエスケープ。


彰人、インディアンデスロック。
影山は下からパンチや張り手を放つが、
彰人に強く絞り上げられると悶絶。


彰人、影山の左足へストンピング。
影山、左手を着いて、右脚で彰人の側頭部を
蹴り抜き、ランニングエルボー。


彰人の張り手で、影山はグラつくが
踏ん張ってエルボー。


エルボーからすぐさま左のジャンピングハイキック。
ハンマーパンチからフロントネックロック。


彰人、頭を抜いて影山の左足を押さえて
ニードロップからネジりあげるレッグロック。

つづき