5/31 土プロデラックス Sportiva Arena

今回は0時開始のオールナイト興行。

オープニングスキット


TAKASH・・・ではなく、汁山汁男が「汁プロ」の
旗揚げを宣言すると、それに対しジムニー萩原が
「ジムプロ」を旗揚げすると言い出す、いつもの展開。
とくに話が広がるわけでなく、旗揚げする、だけを
言い合う。


そこにパンストで繋がったマンモス半田と
宮本武士も割って入り「パンプロ」の開催を宣言。
特に話しが広がるわけでもなく、マンモスが
ポーズと魔法の言葉でボウルを汁山、一斗缶を
萩原の上に落とす。


勝ち誇るマンモスの横で宮本がポーズ。
ポリ製のゴミ箱がマンモスに直撃し、
花びらが舞い落ちてオチ。
トーク部分には相変わらずキレがないが、
オチのパターンが増えてきた。


0:スキャンダル萩原 vs マンモス半田


ジムニー萩原だったかも。どっちでも変わらないが。
いつも通りの第0試合だが、激しい攻防。
打撃もサブミッションもキツい入り方。


萩原がコーナーに上ると、モニタに映像が。
ライブ中継で萩原のカバンチェックが始まる。
カバンの中にはスポーツ新聞や雑誌やらが
入っている「ジムニーランド」なんて雑誌があるのか。


色々とマズいものが出てきたので萩原は
急いで控え室へ。必死に隠しているとマンモスも
追いかけてきて、スクールボーイ。カウントが入る。


決まる瞬間がブラックアウト。
カメラのケーブルが抜けたっぽい。


1:柴山貴哉 vs 御堂晃由


いつも通りの試合。御堂のダイビングボディプレスを
剣山で防ぎ、ファイナルカット、みちのくドライバー2、
ロックオンタイムエルボーとたたみかけ柴山勝利。

お互い持ち技を出すだけ出して終わったという印象。

第2試合へ