5/1 金プロ Sportiva Arena


恒例の、スペル☆パンDoとマンモスのスキット。
しゃべりが噛み合わずややグダグダ。
そこに今井泪が入ってきて、5/3愛プロが近いのに
コントみたいなことをしている場合か、シングルで
試してやる、という流れ。


1:ヒデ久保田 vs 佐藤泰


序盤のグラウンドでは佐藤が優勢。
スリーパー、足首固め。


ヒデはマンハッタンドロップで反撃。スリーパーへ。


佐藤は腕をとり、反撃。アマレスの動きでヒデを
コントロール。


ヒデはいつも通りのスタイル。パンチからの
チンクラッシャー。ストンピングやニードロップ、
ギロチンドロップなどで攻め込む。


佐藤は串刺し攻撃をドロップキックで返し、俵返し。


その場跳びのウラカン・ラナ。


ロープ2段目を使っての、ブルドッキングヘッドロック。


アサイDDT。


バックをとるが、ヒデは急所蹴りから
丸めこんでスリーカウントを奪う。

第2試合へ