3/14 愛プロランブル Sportiva Arena

のべ23キャラクター(23人ではない)が、3分(だいたい)
ごとにひとりずつ入場し、最後まで残った選手が、5/3に
開催される『愛プロレス博 勇気』への参加権を獲得する
ロイヤルランブル。
レフェリーなしのオーバーザトップロープまたは所定時間内に
リング内に入場できない場合失格となるルール。


最初の入場選手は、TAKASHI(GUYZ)。ついで、尾藤イサヲ。
尾藤は「恋プロ'07 冬」で登場した選手。ポイントは
リーゼント。腕を極められながらも、リーゼントをなおし、
ラクダ固めをかける際は逆にリーゼントにしていく。




次いで登場したのは水島上等兵。「恋プロ'08春」で
登場した選手。試合には参加せず、エア竪琴を
演奏し、演奏しきった後、自主的に退場。


つづいて入場してきたのは、マスクト大不況(大)。
愛プロレスパーク2009 in ナゴヤハウジングセンター 豊田会場
登場したトリオのひとり。TAKASHIの急所へ頭突き。


尾藤と協力して、TAKASHIの急所を攻める。


マスクト大不況(不)が入場。尾藤のリーゼントを
崩しにかかる。


マスクト大不況(況)も入場。三人でビッグブーツ。
一発目が「大・況・不」の並びだったので、
二発目を正しい並びで放つ。


つづいてマンモス半田が入場。


大不況、尾藤を次々と失格させる。


尾藤は場外で真っ白な灰となって燃え尽きる。
尾藤イサヲのオリジナルの尾藤イサオ(ややこしい)が
『あしたのジョー』の主題歌を歌っていたことに
起因するネタ。

つづき