1/25 高井憲吾自主興行 プチHOF 1st Sporiva Arena

1:ハードHOFマッチ 高井憲吾 vs 笠木峻


昨年のHOFプロレスとは異なりワンマッチ興行となる、
「プチHOF」。ハードレフェリーがHOFとみなした物はすべて
凶器として利用可能なルールとのこと。笠木は高校の
制服、高井はジーンズとタンクトップを着用。


レフェリーはマイケル・・・ではなく岡本一寛(柴田道場)。
リング中央に凶器(ビームソード)が設置され、ふたりは
スタート位置につく。カウントダウンと同時にリングインすることに。
レフェリー「いいか、絶対にフライングするなよ!絶対だぞ!」


カウントダウンが始まるもやっぱり笠木はフライング。
凶器を手に取り本当に楽しそう。高井は笠木のスイングを
ダッキングなどで何度かかわすが、食らってしまう。


笠木はどこからか額縁を持ってくる、叩きつけようと
するが高井はそれを奪い取り逆に叩きつける。


中身が吹っ飛んだ額縁のワクを使い絞め上げる。
さらにカドで笠木の股間をグリグリと攻撃。


高井はグローブ(薄手なので総合用?)を着用し、
顔面へパンチ。バックマウントでさらにパンチ。


グローブを外し、笠木の鼻を覆う。笠木は臭さに悶絶。
レフェリー「笠木、ギブアップか?」
続いてグローブの上へボディスラム。笠木は背中を押さえる。


鼻をつかんでのチンロック。ネクタイを使って首絞め。

つづき