4:ムルシエラゴ vs ドラ・スポルティオ


スポルティオに誘拐された6号を、
ムルシエラゴが助けに来る。


6号の兄のチンギス力ーンは、6号を人質に
取られ、スポルティオの命令に従う。
ムルシエラゴに対し、デジャヴやヘッドシザース
ホイップ。


しかし、最後はスワントーンボムでムルシエラゴの
勝利。救出完了。


5:偏差値U-30選手権試合 長井満也 vs マンモス半田


DEPのイベントがあり、出てきたところを「ちょっと来て」と
呼ばれて試合を組まれた長井。ベルトなんか
持ってきているわけがない。

仕方がないので何か巻けるものを、ということで尾内淳(ロビン)の
巻いているウエストポーチ(ウルトラポーチ)を賭けることに。
適当なタイトルマッチだ。


長井、ポーチを開けてチェック。「割引券とかあるん
じゃないの?」どんな店の割引券だ。
「尾内さんが彼女と一緒に撮った写真を待ち受けに
した携帯が入ってる」言いたい放題。
尾内は無言。


試合は1分ごとにクイズが読まれ、それを3問先に
正答した方が勝利する方式。 試合開始。
ハンマーロックでマンモスタップ。試合は続く。

長井「勝ったじゃねーか!」
タナベ「ルールわかってないだろ!」

プロレスの試合でありながらスリーカウントや
タップを奪っても決まらないとは画期的。


クイズが読み上げられる。
問題「3年連続で新人王を出した球団は?」
長井「野球とかわかんねー!」
マンモス「広島東洋カープ!」
マンモス1本先取。


そして試合再開。どんなに攻めてタップを奪っても
勝ちにはならないため
長井さんも困る。そしてクイズ。
問題「クリスマスツリーは何の木?」
マンモス「モミモミの木?」
長井「下ネタってオッケーなのか」

長井、なんとか「モミの木」で正解。試合再開。
ラクダ固めでタップを奪う。そしてマンモスを離すも、試合が
終わってないことに気付き、半ばやっつけ気味で再度ラクダ固め。

そしてクイズ対決(合間にプロレス)は進む。「3年連続首位打者と
なったセ・リーグの選手は誰?」など。

イーブンスコアで勝負は最終問題へ。
問題「○○くんはバットを、定価の2割5分引きの1500円で買いました。
さて、バットの元の値段はいくら?」
長井「2割5分?」
本気で悩む長井。スイミングアイのマンモス。

先手を取ったのは長井。素早い挙手から、
長井「2500円!」→不正解
そしてマンモスのターン。
マンモス「間をとって、2000円!」

正解。勝者マンモス。実況は「ただいまの試合、2000円で
マンモス半田の勝利です」
フィニッシュが「2000円」なのか。


マンモスはウルトラポーチを尾内に巻いてもらおうとするも、
腰回りのサイズが 合わないため、首からかけて戴冠。
尾内がマンモスの首にポーチをかける。
ベルトではなく結局ウルトラポーチ争奪戦で終わった。

メインへ